正しく使えば怖くない!ステロイドの豆知識

医療現場から見たステロイド

ステロイドとアトピー治療

アトピー性皮膚炎の治療法として、ステロイド剤を用いた治療がよく聞かれます。

そもそもアトピー性皮膚炎とはどんな症状なのでしょうか。
もともとアレルギーを起こしやすかったり、皮膚の機能が弱い人に起こりやすい症状です。
免疫反応が過剰に起こり炎症を引き起こして、慢性的に湿疹やかゆみがくりかえされることが特徴です。
ステロイド剤の役割として、免疫反応を抑制し炎症がおさまり、かゆみを沈めます。
たくさん塗ると、副作用が心配ということから少ない量で長期間塗ったり、症状が治まっていないうちに使用を中断することで、効果が得られないことがあるので用法、用量は確認し守りましょう。

ただあくまでも、ステロイド剤はかゆみを抑える働きなので、直接的な治療にはなりませんのでしっかりお医者さんに相談し、治療することが重要です。

ステロイドと治療

アトピー性皮膚炎以外にもステロイドは使われます。

例えば、喘息では、気道が常に炎症しており、気道が狭くなると空気の通りが悪くなり、それにより発作が起きます。
そこで、喘息治療として取り入れている長期管理薬ではステロイドの吸入薬を主に使用しています。
また、関節リウマチの早めの段階で痛みや炎症を抑えるために、ステロイド系抗炎症剤が使われます。
効果は高いですが、一時的なところが難点で副作用も見られるので慎重に取り扱っているケースが多いです。
また、肺の間質組織の繊維化が起こる間質性肺炎でもステロイドは使用されています。

外用薬と異なり、血液から取り込まれるので身体に送り込まれやすいので影響が出やすく、副作用が出やすくなります。